物件検索

ブダペストの平均家賃は14.9万フォーリントである

By bencel
June 14th at 10:00pm

真夏中、賃貸物件に対する需要が上がるということは言うまでもない。 ハンガリーの人気な電子版新聞の調査によると、ブダペストの賃貸物件の平均家賃が去年に比べ、10%上がったという。 ブダペストだけじゃなくて、田舎の”大学町”にも家賃の上昇が見られる。
5月、上旬から140平方メートル以下の物件の市場家賃が14.9万フォーリントであるが、ハンガリーの首都では家賃の偏差が大幅に変わる。 一番安い区は17区と11区であり、前者では月々10万フォーリント、後者では11万フォーリントで物件を借りることができる。 一番高いと言われる5区では上記の2倍の家賃でしか借りず、1区、2区、6区と7区でも15万フォーリント以下の家賃が見つからない。

大学町でも家賃上昇が見られるが、一番高いのはブダペストだという。 平均家賃がデブレツェンで10%の上昇の結果で8.8万フォーリント、セゲドで9%の上昇の結果で8.5万フォーリント、ペーチで22%の上昇の結果で9.5万フォーリントに達したが、ミシュコルツでの上昇が緩和され、去年の5月に比べ、3%の上昇で7万フォーリントに達した。


小型アパートメントはブダペストでも、田舎でも人気でありつつ、なお、平均家賃が安く見えるかもしれないが、1平方メートル当たりの家賃が都心部の家賃より十分高いので、注意が必要だと言われる。


ブダペストの小型アパートの家賃は月々11万であり、デブレツェンで7.5万フォーリント、ペーチで7.8万であり、セゲドで5.8万フォーリントとミシュコルツでは5万フォーリントだと報告される。

ブログに戻る
お問い合わせ
Error boy
Your message was sent, thank you!