物件検索

ブダペストで民泊用の物件は平均的に月々18.6万フォーリントの利益がある

By bencel
June 29th at 5:57am

ブダペストの宿泊市場にてAirbnbはどのぐらいの大きさの役割を果たすか?Airbnbをホストとして誰が使うか?誰が泊まるか?民泊を専門家として経営する人数はいくらか?素人は何人いるか?ホテルの経営者が民泊の経営者に施される規制の厳格化を求めるのは正当か?

今までは、上記の質問に曖昧な答えしか出来なかったが、最近現れた4年間の調査が、ブダペストの民泊市場の質問に答えを探ってみる。

2017年の初め頃の報告ではブダペストの民泊ラッシュが衰えてきたと書いてあり、物件を短期貸し出しの目的でより少ない投資家が買うと報じられた。その以来、一年間以上が経ち、新経済調査にとても面白い結果が現れ、ブダペストでの民泊施設の一時的な停滞後、Airbnbプラットフォームの賃貸物件数がまた増加しているようだ。 その程度は、2017年6月に至り、ブダペストでの民泊施設供給がホテルの供給に近いのであった。ブダペスト工科経済大学観光専攻の准教授より指導された研究がなぜ面白いかと言うと、中央統計局によって集まれた結果が観光市場を波乱するAirbnbを表さなかった。一方、今までアクセス可能なデータには申告せずに経営された宿泊施設が含まれていなかった。

こちらの結果は2014年10月から4年間ウェブデータ収集技術を用い、Airbnbの公式サイトから集めた。よって、今まで宿泊シェアアプリの影響についていくつかの曖昧なところが明らかになった。ある点に関してホテルに近い結果となったが、Airbnbがブダペストの観光市場にどのような影響を与えるかまだ正確に言えない。上記のように、去年の夏に至り、Airbnbで予約可能な物件数が42500に増え(但し、その以来減少している)、ホテルの45000の供給に近づいているように見える。これは、Airbnbを使って泊まった日数がホテルに達したと言えない。2017年末でも、観光客の民泊施設に泊まった日数よりホテルに泊まった日数がおよそ2倍である。この背景には、Airbnb物件の使用率がホテルの使用率よりおよそ30%低いことがある。使用率を見るともう一つの結果が導かれる。一ヶ月間当たりの使用率を宿泊施設種別によって比較すると、Airbnbの宿泊施設の季節性がホステルなどのソーシャル宿泊施設よりホテルの季節性を追い掛ける。よって、Airbnbの宿泊施設とホテルの宿泊者が似ているが、Airbnbの宿泊施設とホステルの宿泊者が異なると言える。宿泊日数を見ると、宿泊施設種別の市場占有率の変化が分かり、ブダペストにて過去の4年間でAirbnbの急激な駆け出しが明確である。

傾向的に見え、Airbnbがますます重要な役割を果たし(但し滞在可能な物件数が一時的に減少してる)、ホステルの数も増加しているが、旅館の数が停滞中で、ホテルの数が少なくなっている。


数人には重要なビジネスであり、多くに副業だ。

シェアリングエコノミーが人気になった時代には、Airbnbが、もし誰かが一時的に空き家があり、Airbnbのプラットフォームに広告を上げ副業として多少のお金を稼げるようになれると自社を宣言した。その結果多くの街でホテル業界がうるさくなり、Airbnbの宿泊施設を経営している者もホテルの経営に施される規制を則るべきだと不平を言い始めた。従って、アメリカのいくつかの大都市でプラットフォームの使用が禁止されることになった。データを見ると、数多くのプロがAirbnbで民泊施設を経営してると分かる。具体的に言うと、Airbnbで貸し出す物件の半分以上は二つ以上の宿泊施設を営む経営者に貸し出される。しかし、およそ9500所有者が一つの物件しか営んでいない。調査結果を見ると、経営されている物件数が多ければ多いほどう一つの物件当たりの収入が高いのである。一つの物件の1ヶ月間当たりの収入がおよそ18.6万フォーリントであるが、11個以上を営むと一つの物件の1ヶ月間当たりの収入がおよそ30万フォーリントとなる。経営者の10%が総合収入の44%を実現するため、専門家として営むことの普及が分かる。Airbnbの宿泊施設の経営者を収入によって10個の等しい部分に分けると、ある部分に属する平均収入が分かる。上位の収入が150万フォーリント以上となるが、2番目の部分に属する経営者の収入が月々55万フォーリントしか入手できない。だが、数多くの経営者はAirbnbを給料を補う目的で使った。市場の飽和状態により、以前Airbnb宿泊施設として経営された物件を長期賃貸として営む傾向もある。この現象は本調査によっても確かめられ、調査の対象の3年間を見ると、公開された19500の物件の9900が市場撤退となった。その中で、もちろん経営するのに時間がない経営者もいるかもしれないが、最近背景には経済的な原因もある可能性が高い。


統制が必要か?

ヨーロッパ連合で2010年と2015年の間は観光市場のおよそ25%の成長が見られる、ハンガリーではより高い50%の成長があったと分かる。調査の結果を見ると、このような成長の成果を主にAirbnb宿泊施設の経営者が収穫できたかもしれないが、この盛期が全てのブダペストでの宿泊施設提供者にも有利的であった。宿泊施設提供者の一部がAirbnbに施される規制の厳格化を望んだが、アメリカや西ヨーロッパの政府が実行できた厳格な規制を適することには至らなかった。この調査が全ての市場区分には成長があったと報ずる。


同時に、活性化した観光需要にはブダペストのホテル業界が十分な収容広大と反応せず、Airbnbが人気になったため、広大に必要な収入がホテル業界に届かなかったかもしれない。 厳しい規制が施されていないAirbnbの宿泊施設がホテル業界から市場を奪っている事が明らかになったら、ホテル業界によるAirbnbに対するより厳格な規制を適用しようとする働きかけは正当化される。調査の結果を見る限り、ホテルと小型民泊施設の宿泊者の旅行の習慣が同じように見える。改めて規制する前に、中流のホテルと2−4人宿泊可能なアパートがどこまで同様な市場に見えるかを確かめた方がいいかもしれない。 30−40個の民泊施設を営む経営者がホテルとほぼ同様な組織を持ち、ホテルの心地良さに達するように努めることを認めないといけないが、Airbnbで経営する物件が宿泊施設と居住住宅としても経営可能であることが大差である。 よって、このような物件の長期と短期貸し出しに迅速に変更することが可能であり、例えば、去年の世界水泳選手権の時も民泊がとても人気であった。 過剰で厳格な規制で宿泊施設市場の柔軟性を悪化させる恐れがあるとも指摘される。

ブログに戻る
お問い合わせ
Error boy
Your message was sent, thank you!